【埋没毛の原因と治し方は?】肌を傷つけずに処理する方法・予防策

【銀座カラー全身脱毛】他のサロンより効果が高い&早く終わる理由は?

埋没毛の原因は何?肌を傷つけずに治せる?

 

埋没毛の原因は何?肌を傷つけずに治せる?に関して詳しく説明している画像

 

1.埋没毛(埋もれ毛)になってしまう大きな2つの原因は?

 

1-1.埋没毛(埋もれ毛)とは?

 

 

埋没毛は埋もれ毛とも言い、間違った自己処理などで皮膚の表面に毛が出てこられずに、皮膚の中で毛が成長している状態のことを言います。

 

埋没毛は、脇やデリケートゾーン、ホホなどの皮膚が薄い部分にできやすく、そのまま放置しておくとニキビのように白く炎症を起こす毛嚢炎になる可能性があります。

 

 

 

1-2.【原因】カミソリで肌が傷んで厚くなる

 

 

カミソリで肌が傷んで厚くなるに関して詳しく説明している画像

 

 

カミソリでの頻繁なムダ毛処理は埋没毛の原因になります。

 

カミソリは手軽に利用することができるのでムダ毛処理に使っている方も多いと多いと思います。しかし、カミソリはムダ毛だけではなく同時に皮膚も削っています。その結果、再生した皮膚が厚くなり今まで毛穴を通れた毛も通ることができなくなり埋没毛になってしまう可能性があります。

 

また、ローションを使わずにからぞりをしたり、毛の向きと逆方向に剃る逆剃りは、カミソリでムダ毛を処理する中でも皮膚に多くのダメージを与えてしまうので剃り方にも注意が必要になります。

 

間違ったカミソリでの処理をすると埋没毛の原因になることがあります!

 

 

(参考)
【カミソリ負けをする原因は?】カミソリでムダ毛処理の正しい方法

 

 

 

1-3.【原因】毛抜きなどのムダ毛の処理が原因のことも

 

 

毛抜きなどのムダ毛の処理が原因のこともに関して詳しく説明している画像

 

 

毛抜きなどの毛を引っこ抜くムダ毛処理は埋没毛になりやすいです。

 

毛抜きは手軽に使えるので使っている人も多いと思います。しかし、毛穴より太い毛根を引っこ抜くことになるので、毛穴が広がる原因にもなり何より肌へのダメージが強烈です。ダメージで皮膚も厚くなりますし皮膚の中で切れれば埋没毛にもなりやすいです。

 

毛を引っこ抜く処理には全て当てはまるので、毛抜きだけではなく、ブラジリアンワックス、脱毛テープでムダ毛の処理をしてしまうと肌へのダメージから埋没毛になる原因になりやすいです。

 

毛抜きなどの毛を引っこ抜く処理は埋没毛の原因になりやすいです!

 

 

(参考)
【ブラジリアンワックスの効果は?】持続期間はどのくらい?痛みは?

 

 

 

1-4.埋没毛ができやすい部位って?

 

 

埋没毛ができやすい部位って?に関して詳しく説明している画像

 

 

埋没毛ができやすい体の部位はあるのでしょうか?

 

埋没毛は皮膚の厚い眉毛などの部分にはできにくく、顔、脇、デリケートゾーン、脚など皮膚が柔らかくて毛が太い部分に埋没毛ができやすいという特徴があります。

 

今まで柔らかい部分から出ていた毛がカミソリなどが原因で皮膚が厚くなり、毛が表面に出にくくなるからです。そのため、皮膚が柔らかい部分でのカミソリや毛抜きなどは注意する必要があります。

 

埋没毛は皮膚が柔らかく毛が太い部位でできやすい特徴があります!

 

 

 

2.埋没毛(埋もれ毛)の治し方でNGな処理方法

 

埋没毛(埋もれ毛)の治し方でNGな処理方法に関して詳しく説明している画像

 

 

軽石や毛抜きなどで取ろうとするのはやめてください。

 

埋没毛は表面に出ていないので普通に処理をすることができません。そのため、埋没毛がある部分で軽石や毛抜きを使って取ろうとする方がいますが、皮膚が傷ついて跡が残ってしまう可能性が高いので絶対にやめてください。

 

確かに、軽石や毛抜きでほじくれば埋没毛が出てくることはあるのですが、それ以上に広範囲に肌を傷つけてしまうので、肌に色素が沈着してしまうことや雑菌が繁殖して化膿してニキビのようになってしまいます。

 

肌を傷つけて埋没毛を処理するのは絶対にやめてください!

 

 

 

3.正しい埋没毛(埋もれ毛)の治し方・処理

 

正しい埋没毛(埋もれ毛)の治し方・処理に関して詳しく説明している画像

 

3-1.ピーリングでターンオーバーの活性化

 

 

基本的には、肌のターンオーバーを利用して自然に埋没毛を処理します。

 

埋没毛で皮膚科に行って治してもらうのはなぁーと思っている方にピーリングでの処理はおすすめです。ピーリングは古い角質を弱い酸で溶かして新しい皮膚ができるのを促し、ターンオーバーが活性化して自然と埋没毛が表面に出てきて治すことができます。

 

ピーリングを使うときの注意点は、

 

@ 1週間に2回を目安に角質を取る
A ピーリング後はしっかりと保湿
B 紫外線対策もしっかり行う

 

ピーリングは酸で角質を溶かしているのでどうしても肌にダメージが出ます。そのため、1週間に2度を目安にして、肌の回復を促すために保湿を忘れずに紫外線対策もしっかりとしましょう。

 

自宅で埋没毛を治す方法でおすすめはピーリングを使うことです!

 

 

 

3-2.スクラブを使って古い角質をとる

 

 

スクラブを使って古い角質をとるに関して詳しく説明している画像

 

 

スクラブを使って古い角質をとる方法もピーリングと同じようにおすすめです。

 

スクラブとは洗顔料やボディスクラブ剤に含まれる樹脂などの細かい粒子で古い角質を除去する手助けをしてくれます。そのため、埋没毛部分の古い角質を除去することで、ターンオーバーを促進させて埋没毛を表面に出しやすくなるという効果があります。

 

スクラブを使うときにも注意したいポイントがあります。

 

@ 1週間に2回を目安に角質を取る
A ゴシゴシ念入りに洗わない
B スクラブ後はしっかりと保湿

 

スクラブは細かい粒子で肌を削って角質を除去しているので肌は傷つきます。そのため、1週間に2度を目安にして、ゴシゴシ洗うと肌が傷つきすぎるので、優しくがポイントです。また、肌の回復を促すために保湿も忘れずにしましょう。

 

スクラブなら手軽に埋没毛を治すことができるのでおすすめです!

 

 

 

3-3.クリニックで医療レーザーで破壊

 

 

クリニックで医療レーザーで破壊に関して詳しく説明している画像

 

 

クリニックのレーザー脱毛なら埋没毛の治療をすることもできます。

 

脱毛サロンでは埋没毛の部分を処理することはできません。しかし、クリニックの医療レーザー脱毛なら埋没毛の毛根を破壊するため、それ以上に成長することができません。そのため、成長して肌をこれ以上傷つけません。

 

さらに、クリニックは医療機関なので、レーザー脱毛をしながら埋没毛の状態を見ながらお薬とくれたりするので相談してみるをおすすめします。

 

クリニックのレーザー脱毛なら安全に埋没毛の処理をすることができます!

 

 

 

3-4.埋没毛を放置で悪化することも

 

 

埋没毛を放置で悪化することもに関して詳しく説明している画像

 

 

埋没毛を放置することで肌トラブルになる可能性があります。

 

埋没毛はそのまま放置しておけばターンオーバーで自然に抜けます。しかし、何の対策もしておかないと毛穴から雑菌が入って膿がたまって赤くはれる『毛嚢炎』というニキビのような肌トラブルが起きやすくなります。

 

そのため、埋没毛になったら放置するのではなく、

 

@ 常に埋没毛部分を清潔を保つ
A 乾燥しないようにしっかり保湿

 

この2つの注意点をしっかりと守って、埋没毛部分から雑菌が入って毛嚢炎にならないようにすることが大切です。毛嚢炎になると肌がシミのように色素沈着を起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

埋没毛部分は放置せず清潔・保湿を心がけるようにすることが大切です!

 

 

 

4.埋没毛をこれ以上作らないための予防・対処法

 

埋没毛をこれ以上作らないための予防・対処法に関して詳しく説明している画像

 

4-1.柔らかい肌に毛抜きでの処理はしない

 

 

柔らかい肌の毛を毛抜きで処理をするのはやめましょう。

 

先ほども紹介してきましたが、肌が柔らかい部分で毛抜きを使うと埋没毛になりやすいです。そのため、毛抜きは眉毛・眉間・おでこなど皮膚が比較的厚い部位に限定して使えば埋没毛になる心配は少ないです。

 

毛抜きは肌へのダメージが大きいので使わないに越したことはないですが、私も眉毛を毛抜きで抜くのが快感でやめられません。眉毛で埋没毛になったことが無いので比較的安全かなと思います。

 

毛抜きは肌の柔らかい部位は避けて厚い部位に限定するようにしてください!

 

 

 

4-2.ムダ毛の処理をシェーバーで行う

 

 

ムダ毛の処理をシェーバーで行うに関して詳しく説明している画像

 

 

シェーバーはムダ毛の処理で肌に負担がかからない方法です。

 

シェーバーはカミソリのように皮膚を削りながら毛を剃るのではなく、皮膚の表面にあるムダ毛を処理していく方法なので肌をそこまで傷つけることなくムダ毛の処理をすることができます。

 

シェーバーでムダ毛の処理をするときには、

 

@ 専用ローションをちゃんと使う
A 処理後はしっかりと保湿を

 

シェーバーと言えども肌は傷つくので、専用のローションを使ってできるだけ傷つかないようにして、保湿をしっかりとして肌のダメージをできるだけ早く回復させましょう。

 

ムダ毛の処理はシェーバーを使えば埋没毛の心配も少なくなります!

 

 

 

4-3.クリニックで永久脱毛をする

 

 

クリニックで永久脱毛をに関して詳しく説明している画像

 

 

完全に埋没毛をなくすためには医療脱毛で永久脱毛しかありません。

 

カミソリや毛抜きを正しく使っていても毛が生えている限り埋没毛ができる可能性があります。そのため、完全に埋没毛の不安を取り除きたいなら医療クリニックで永久脱毛をしてしまうのが1番です。

 

脱毛サロンでの脱毛でも良いのですが、ムダ毛がなくなる期間が2倍位違います。そのため、早くムダ毛をなくしたい方は料金は高くなりますがクリニックでの医療脱毛がおすすめです。

 

脱毛をしてムダ毛をなくしてしまえば埋没毛の心配はありません!

 

 

(参考)
永久脱毛!医療レーザーで全身脱毛の相場、値段、おすすめクリニック

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

銀座カラー全身脱毛

 【銀座カラー全身脱毛】他のサロンより効果が高い&早く終わる理由は?

 

埋没毛が不安なかたは全身脱毛サロンで人気の銀座カラーがおすすめです。今はお得なキャンペーンを実施中です。