全身脱毛は安全?肌や体に悪影響、副作用が出ることはない?

【銀座カラー全身脱毛】他のサロンより効果が高い&早く終わる理由は?

全身脱毛は安全?肌・体に悪影響・副作用が出ることはない?

 

全身脱毛は安全?肌・体に悪影響・副作用が出ることはない?に関して詳しく説明している画像

 

1.全身脱毛で多くの方が心配しがちな副作用の疑問

 

全身脱毛をするときに本当に安全に脱毛ができるのか?というのも気になりますよね。

 

実際に都市伝説になっているような噂話も多くあり、

 

・脱毛で汗の量が多くなる
・脱毛をしたら皮膚がんになった
・妊娠中の胎児への影響が心配

 

など、全身脱毛をするときに心配になる疑問点を紹介していきます!

 

 

1-1.脱毛で汗が多くなることがある?

 

 

脱毛で汗が多くなることがある?に関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛で多く聞かれるのが脇脱毛をして汗が急に増えたという心配です。

 

これは色々な研究で脱毛をしたからと言って汗が増えるということはありえません。しかし、今まで脇の汗は脇毛によって表面に出るのを抑えられていたので脇毛がなくなることで脇の汗が表面に出やすくなって服に付きやすくなるということはあります。

 

体に悪影響や副作用が出て汗が増えたわけではないのですが汗が表面に出やすくなっているので、ロールオンタイプの制汗剤など汗対策をしっかりとすることでこの問題も解決されるので安心してください。

 

脱毛で汗の量は変わらないのですが汗対策はした方が良いと思います!

 

 

 

1-2.脱毛でワキガが発症することもある?

 

 

脱毛でワキガが発症することもある?に関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛をしてわきがが発症することはありえないので安心してください。

 

ワキガというのは脇の汗腺でもあるアポクリン線によって臭いが発生します。しかし、脇の脱毛をしたからと言ってアポクリン線が増えたり新しくできたりすることはありえないのでわきがになることはありえません。

 

しかし、脇脱毛によって服に汗が付きやすくなっています。その汗を放っておくと雑菌が発生して臭いに変わっていくので汗をかいたらコマめに拭く、制汗剤を付けるなどをしておくのがおすすめです。

 

ワキガにはなりませんが汗は放置すると臭うので注意が必要です!

 

 

 

1-3.永久脱毛で皮膚がんになることがある?

 

 

永久脱毛で皮膚がんになることがある?に関して詳しく説明している画像

 

 

医療レーザーでの脱毛は皮膚がんになることがあるのでしょうか?

 

医療レーザーで脱毛をすると体に悪影響や副作用が出る光線を使っているのではないのか?と感じる方もいますが、レーザーの光線は赤外線に近く皮膚がんの原因になるのは紫外線なので皮膚がんになる危険性は無いので安心してください。

 

日本医学脱毛協会からもこんな見解が出ています。

 

レーザーの光は皮膚表面から3〜4ミリ程度の場所、つまり毛包に達する程度の深さまでしか届かないようになっています。ですから、血管や内蔵などに影響を与える事はありません。また、皮膚ガンの心配をされる方もいますが、皮膚ガンの原因となるのは紫外線で、レーザーの光は赤外線に近いものですから、これも心配はありません。

引用:知っておきたい永久脱毛Q&Aレーザー脱毛編|日本医学脱毛協会


 

 

 

 

1-4.妊婦が脱毛をして胎児に影響ががあるんじゃ・・・

 

 

妊婦が脱毛をして胎児に影響ががあるんじゃ・・・に関して詳しく説明している画像

 

 

妊婦が妊娠に気づかないで脱毛したら胎児に影響があるのでしょうか?

 

妊婦がレントゲンの放射線を浴びてしまうと胎児に重大な影響が出てしまいます。その関係で妊婦が脱毛の光に当たってしまうと胎児に重要な影響が出てしまうのではないのか思いがちですが胎児に影響は出ないので安心してください。

 

ただし、妊娠中は体も精神的にも不安定で肌もとても敏感な状態にあります。そこで、脱毛をすると痛みが強かったり、肌荒れなどの肌トラブルが発生してしまうこともあり得るので妊娠中の脱毛は避けるのが良いでしょう。

 

妊娠中の脱毛でも胎児への影響はないので安心してください!

 

 

体の中まで影響を与えることはないので大丈夫です。 ただ、妊娠中は精神的にも不安定な状態であり、痛みに対するストレスで体に負担がかかるとも 限りませんので、あまりおすすめしていません。出産後落ち着いたら、また始められます。

引用:知っておきたい永久脱毛Q&Aレーザー脱毛編|日本医学脱毛協会


 

 

 

(参考)
妊娠中は脱毛できない?赤ちゃんへの影響や脱毛再開はいつから?

 

 

 

1-5.脱毛後に肌荒れは起きる?

 

 

脱毛後に肌荒れは起きる?に関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛後にはケアをしっかりとしないと肌荒れは起きやすいです。

 

クリニックのレーザー脱毛はもちろんのこと出力の弱いフラッシュ脱毛でも肌はダメージ受けます。ダメージを受けた肌はすごく敏感な状態なので少しの刺激でもかゆみや赤みなどの原因になってしまいます。

 

さらに、脱毛によって肌のバリア機能・免疫力も弱ってしまっているので、ニキビなどの原因になるブドウ球菌に負けてニキビのような白いぶつぶつができることもあります。

 

そのため、脱毛をした後には、

 

@ 肌をできるだけ清潔に保つ 
A 肌の回復のために保湿を心がける
B シミの原因になる紫外線は避ける

 

他にも色々あるのですが、脱毛後の肌荒れを起こさないためにとても大事になってくる3つのポイントになるので、脱毛後はこの3つのポイントはできるだけ守るようにしてください。

 

脱毛後は肌が弱っているので肌荒れが起きやすいので注意してください!

 

 

(参考)
エステサロンの脱毛後に注意したい6つのポイント

 

 

 

2.【脱毛の副作用が不安】そんな方はクリニックがおすすめ

 

【脱毛の副作用が不安】そんな方はクリニックがおすすめに関して詳しく説明している画像

 

2-1.医師に相談もできるクリニックなら安心

 

 

副作用が不安という方はサロンではなく医師のいるクリニックがおすすめです。

 

脱毛で重篤な副作用が出るということはほとんどありません。しかし、それでも心配という方が中にはいると思います。そのため、万が一何かあった時に医師がすぐに対応ができる医療クリニックで脱毛をするのが絶対におすすめです。

 

脱毛サロンでは皮膚科と提携はしていますが、何かトラブルがあったとしてもすぐに対応はできません。脱毛サロンより料金は高くなってしまいますが、安心を買ったと思えば安いのではないのかなと思います。

 

医師のいる医療クリニックならトラブルにもすぐに対応できるので安心です!

 

 

(参考)
永久脱毛!医療レーザーで全身脱毛の相場、値段、おすすめクリニック

 

 

 

2-2.実は、自己処理はかなり肌に負担をかけてる

 

 

実は、自己処理はかなり肌に負担をかけてるに関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛の副作用もそうですがカミソリなどの自己処理も肌にかなりの負担をかけてます。

 

『カミソリ』『毛抜き』は簡単にできるので脱毛じゃなくて自分で処理をするという方も多いと思います。しかし、カミソリは表面の皮膚を削ってカミソリ負けをする、毛抜きは毛穴より太い毛根を引っこ抜くので肌へのダメージが強い。肌に意外と負担をかけています。

 

脱毛をすれば最終的には自己処理をしなくて良くなるので肌は綺麗に保つことができます。しかし、自己処理は死ぬまで終わりがないので、そのたびに肌は傷つけられ肌は汚くなるというデメリットがあります。

 

自己処理をし続けることによる副作用もあることは絶対に知っておいてください!

 

 

(参考)
【カミソリ負けをする原因は?】カミソリでムダ毛処理の正しい方法