【脱毛は痛いの?】痛みを感じやすい部位は?対策はあるの?

【銀座カラー全身脱毛】他のサロンより効果が高い&早く終わる理由は?

脱毛は痛いって聞いたけどどうなの?痛みを感じやすい部位はある?

 

脱毛は痛いって聞いたけどどうなの?痛みを感じやすい部位はある?に関して詳しく説明している画像

 

1.脱毛方法によって脱毛の痛みは違う

 

脱毛に関する質問で一番多いのが『脱毛の痛み』に関してです。

 

実際に脱毛をした人の口コミを見ても脱毛で痛かったなどの評判を良く見ます。

 

・実際に脱毛は痛いのか?
・方法によって痛みは違うのか?
・部位によっても痛みは違うのか?

 

実際に脱毛は痛いのかご紹介していきます!

 

 

1-1.脱毛は本当に痛いの?

 

 

実際に脱毛してるときはどのくらい痛いのでしょうか?

 

脱毛は脱毛の種類や痛みに強い弱いなどの個人差があるので何とも言えませんが、一般的には、脱毛をした時に感じる痛みは輪ゴムではじかれたような痛みと表現する人が非常に多いのが特徴的です。

 

特に初めて行く時はどのような痛みかわからないので、緊張してより痛く感じる傾向にあります。2回目以降は、どの程度かわかっているので、痛みにも段々と慣れていきます。但し、部位によって痛さは違い、腕や脚はそれほど痛くありませんが、デリケートゾーンは敏感な部分なのでかなり痛く感じます。

 

脱毛の痛みは個人差はありますが種類、部位によっても感じ方が変わります!

 

 

 

1-2.脱毛サロンのフラッシュ脱毛の痛みは?

 

 

脱毛サロンのフラッシュ脱毛の痛みに関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛サロンのフラッシュ脱毛は一番痛みの少ない脱毛方法です。

 

脱毛サロンのフラッシュ脱毛というのは医師がいないサロンでの脱毛になるので、脱毛器の出力が弱く、肌へ優しい脱毛を重視しているので脱毛の効果は多少落ちますが痛みが少ない脱毛方法です。

 

フラッシュ脱毛も痛みに個人差はありますが、脱毛の時の痛みはそこまで感じにくいです。フラッシュ脱毛の痛みで良く言われるのが輪ゴムではじかれるような軽い痛みなのでそこまで心配する必要はありません。

 

フラッシュ脱毛は多くの方が痛みを感じにくい脱毛方法です!

 

 

 

1-3.医療レーザー脱毛の痛みは?

 

 

医療レーザー脱毛の痛みに関して詳しく説明している画像

 

 

医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛に比べて痛みが強いです。

 

医療レーザー脱毛は医師のいるクリニックで行える脱毛方法です。レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と同じ原理ですが、出力が強く脱毛効果が高いのでその分痛みが強いという特徴があります。

 

レーザー脱毛は部位によっては軽い痛みなのでリラックスして脱毛ができますが、鼻下、ワキなど全身でも特に敏感な部位というのはかなりの痛みが出ることもありますので注意が必要な脱毛方法です。

 

医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛に比べると痛みがかなり強くなります!

 

 

(参考)
永久脱毛!医療レーザーで全身脱毛の料金、効果や回数・期間は?

 

 

 

1-4.針、ニードル脱毛の痛みは?

 

 

針、ニードル脱毛の痛みに関して詳しく説明している画像

 

 

針、ニードル脱毛は最強に痛い脱毛方法です。

 

針、ニードル脱毛は毛穴に針を通して毛根にたどり着いたら電気で毛根を焼くという脱毛方法です。針で毛穴に刺して電気で毛根を焼き切るので2回のかなりの痛みが出るので涙が出そうになります。

 

針、ニードル脱毛は一本一本直接焼き切ることができるので脱毛効果は抜群なのです。しかし、その分時間もかかり痛みが強いので、最近では針・ニードル脱毛をする人は少なくなってきました。

 

針、ニードル脱毛は刺して焼くので非常に痛い脱毛方法です!

 

 

(参考)
ニードル脱毛で全身脱毛は可能?【効果や7つのメリット・デメリット】

 

 

 

2.痛みの強い部位、痛みを感じやすい人の特徴は?

 

痛みの強い部位、痛みを感じやすい人の特徴はあるの?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.痛みが強くなりやすい部位は?

 

 

脱毛でも痛みが強い部位、弱い部位があります。

 

脱毛で文句なしに痛いのがわき、VIO、足の甲が痛いです。フラッシュ脱毛はそうでもないですが、レーザー脱毛では毛が薄くなる前の3回、4回くらいまではかなりの痛みが出てしまうので痛みが強すぎる場合にはちゃんと相談しましょう。

 

脱毛によって痛みが強くなる原因としては、皮膚が薄い部分であったり、皮膚の近くを神経が通っているなどの原因があるので痛みの強い部位をする前にはちょっと覚悟が必要です。

 

部位によっても脱毛の痛みはかなり変わってきます!

 

 

 

痛みが出やすい脱毛部位

痛みが強い

わき、VIO、足の甲

少し痛い

うなじ・襟足、膝下、ひじ下、もも

痛みが弱い

顔、背中

 

 

 

2-2.痛みが出やすい人の特徴は?

 

 

脱毛で痛みが出やすい肌の状態や毛の状態というのがあります。

 

脱毛をして痛みが出やすい肌の状態や毛の状態というのは、

 

・肌が乾燥している状態
・体調がいつもより良くない
・毛が太く、毛が濃い

 

肌が乾燥している状態ではバリア機能が失われ水分が不足しているので外からの刺激を感じやすいため痛みが出やすいんです。また、毛が太く、濃い場合には脱毛の光を浴びる面積が大きくなるのでその分痛みを感じます。

 

痛みが出やすい状態にならないように日頃から注意をしましょう!

 

 

 

3.脱毛の痛みに対策はできるの?

 

脱毛の痛みに対策はできるの?に関して詳しく説明している画像

 

3-1.脱毛サロンでのフラッシュ脱毛がおすすめ

 

 

脱毛で痛みに弱いと感じる人は脱毛サロンがおすすめです。

 

脱毛サロンのフラッシュ脱毛は脱毛の中で一番痛みを感じない方法が取られており、フラッシュ脱毛が痛すぎて脱毛をするのを辞めたという人は聞いたことがないので痛みが不安な方は脱毛サロンがおすすめです。

 

実際に私もフラッシュ脱毛をしてVラインや脇以外はそこまで痛みを感じなかったので、痛みに弱いなと感じている方は、まずは脱毛サロンで体験脱毛をしてみて痛みがどうかを確認するといいと思います。

 

痛みがすごく不安な方は脱毛サロンで体験脱毛をしてみましょう!

 

 

 

3-2.スタッフに相談を

 

 

脱毛で痛みが耐えられない場合にはスタッフに相談しましょう。

 

脱毛サロンのフラッシュ脱毛ならそこまで問題はありませんが、医療レーザー脱毛では痛い部分ももちろんあるので、痛みに耐えられない場合にはスタッフに相談して出力を下げてもらうか麻酔クリームを塗って脱毛をしてもらいましょう。

 

レーザー脱毛では痛みに耐えられない人も中にはいるので、別料金にはなってしまいますが麻酔クリームを塗って痛みを感じないようにして脱毛をする人も意外と多いようです。

 

痛みが強い場合には遠慮なくスタッフに相談してみましょう!

 

 

 

3-3.脱毛前に日焼けはできるだけ避ける

 

 

脱毛前に日焼けはできるだけ避けるに関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛をする前に日焼けを避けるのも痛み対策としては重要です。

 

フラッシュ・脱毛、レーザー脱毛は黒い毛根部分に反応して脱毛を行っていきます。そのため、日焼けをして肌が少し黒くなっていると、黒い毛根部分だけじゃなく黒くなった皮膚の部分にも反応してしまうので痛みが強くなります。

 

脱毛サロンでも医療クリニックでも脱毛期間中の日焼けは注意するように言われます。日焼けしすぎていると痛みが強くなったり、脱毛ができないと言われることもあるので、脱毛期間中の日焼けは対策をしっかりとするようにしてください。

 

脱毛前に日焼けを避ければ脱毛の痛みを軽減することができます!

 

 

(参考)
脱毛サロンの脱毛前に注意したい8つのポイント

 

 

 

3-4.生理期間中の脱毛は避ける

 

 

生理期間中の脱毛は避けるに関して詳しく説明している画像

 

 

生理期間中の脱毛も痛みが強くなりやすいので避けた方が良いです。

 

生理期間中はホルモンバランスが不安定になって肌がデリケートな状態になってしまいます。そのため、生理期間中に脱毛をすると肌が敏感に反応し痛みが強くなりやすいので、予約の変更をするのをおすすめします。

 

脱毛自体は生理でもできるサロンはありますが、痛みが強いと出力を下げないといけなくなります。その結果、脱毛の効果がほとんど出ないこともあるので、予約の変更をするのが良いかなと思います。

 

生理期間中は痛みが強くなりやすいので予約は変更するのがおすすめです!

 

 

(参考)
生理の時に全身脱毛はできる?脱毛サロンごとの対応は?

 

 

 

4.脱毛の痛みに関する口コミ・評判

 

 1.ニードル脱毛は痛すぎて無理

 

お試しのはがきが来たので、TBCでニードル脱毛をしようと思っていきましたが、痛すぎて申し込みはしないと決めました。

 

脱毛している間も痛すぎて、早く終われってずっと考えていました。体験だったので10分でしたが、契約すれば1回の脱毛で何十分もやらなきゃいけないのは拷問に近いです。

 

痛すぎて涙流れまくります。ニードル脱毛はもう絶対にしたくない脱毛方法です。

 

しかも、TBCは脱毛サロンなので麻酔など使えないので痛みが軽減できないというのも契約しなかった大きな理由です。

 

脱毛方法

部位

年齢

ニードル脱毛

ひげ脱毛

34歳

 

 2.脱毛サロンはほとんど痛みを感じない

 

脱毛サロンでフラッシュ脱毛してますけど、ほとんど痛みはないですね。VIOはほかの部位と比べると痛いですけど、我慢できない痛みではありません。

 

最初は痛みがあまりないので効果があるのか?心配になったんですけど、ちゃんとムダ毛は減ってきたので安心しました。

 

他の方法で脱毛をしたことがないのでわからないですけど、フラッシュ脱毛はあまり痛くない脱毛方法だと思います。痛くて無理って感じることはないですからね。

 

脱毛方法

部位

年齢

フラッシュ脱毛

全身脱毛

23歳

 

 3.レーザー脱毛は痛いけど耐えられる

 

クリニックで気になる脇とVIOの脱毛をしています。

 

最初はサロンで脱毛をしてたんですけど、効果があんまりだったので、クリニックでレーザー脱毛を受けています。痛みは強いですけど、効果はすぐに出てきたので満足しています。

 

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の痛みを比較してみると、レーザー脱毛の方がかなり痛いです。

 

痛みに弱いという方は最初にレーザー脱毛で試し打ちをしてもらって、出力を変更してもらうのが良いかなと思います。初めてレーザーで脱毛をしたときは痛みにびっくりしたくらいなので。

 

毎回痛みに我慢して泣いてます。でも、効果が出てくるのが早いのはレーザーのメリットだなと思ってます。

 

脱毛方法

部位

年齢

レーザー脱毛

脇・VIO脱毛

26歳

 

 4.全身の中でVIO脱毛は痛い

 

全身脱毛をしてますが、その中でも痛いのはVIOの部分かなと思います。

 

最初の方は痛くて出力を下げてもらったんですけど、何回か脱毛して毛が少し薄くなってきたくらいから痛みは和らいでいきましたよ。最初の2回、3回我慢できれば後は痛いですけどけっこう楽かもしれないです。

 

VIO部分は皮膚も薄いので誰でも痛いみたいです。覚悟はしてましたけど、痛みはその上を行ってました(笑)

 

脱毛方法

部位

年齢

レーザー脱毛

VIO脱毛

22歳

 

 5.痛みが一番弱いのは脱毛器かなと思います

 

脱毛器と脱毛サロンで脱毛したことがあるのですが、痛みだけを考えると家庭用脱毛器が一番痛みが少ないかなと思います。

 

でも、脱毛器はあんまり効果を感じなかったので、脱毛サロンに変えましたけどね。脱毛サロンの方が痛みがちょっと強くて効果は高いので、脱毛の効果と痛みは関係あるのかなと思います。

 

VIOなんかは脱毛サロンより痛みが強いと無理なので、脱毛サロンくらいが私にはちょうど良い感じです。

 

7回くらいでいい感じに毛が少なくなってきているので、脱毛サロンは痛みと効果の感じがちょうど良いかなと思います。

 

脱毛方法

部位

年齢

フラッシュ脱毛

全身脱毛

25歳

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

銀座カラー効果

 【銀座カラー全身脱毛】他のサロンより効果が高い&早く終わる理由は?

 

銀座カラーはどうして効果が早いのか?全身脱毛サロンで1年間に8回できるのは銀座カラーだけなんです。どうして8回できると効果が早いのか解説中

 

 

 

 【どこが安い?】全身脱毛の料金相場よりお得なサロン徹底比較

 

全身脱毛の料金相場を比較していきます。どこのサロンが全身脱毛の相場より安くて高いのか?わかりにくい全身脱毛の料金を比較します。。