【ケノンvio脱毛】効果はあるの?頻度&レベルなど正しいやり方をご紹介

【銀座カラー全身脱毛】他のサロンより効果が高い&早く終わる理由は?

脱毛器ケノンのvio効果&やり方・使い方を徹底解説

 

家庭用脱毛器ケノンに関して詳しく説明している画像

 

人気NO1の家庭用脱毛器ケノン

http://ケノン.com/


 

 

 

 

1.vioにも効果がある?何回で効果が出てくるの?

 

vio脱毛の効果は何回くらい?完了の期間は?に関して詳しく説明している画像

 

1-1.vio脱毛の効果は?完了の期間は?

 

 

ケノンは回数を重ねれば間違いなく効果があるので安心してください。

 

ケノンは毛根の黒い色素に反応して脱毛をするフラッシュ脱毛器です。家庭用に安全に作られているので、パワーはサロンよりは弱いですが、しっかりとVIOをキレイに脱毛することができます。

 

しかも、ケノンは脱毛した後2週間程度は毛が抜けた状態になります。そのため、『2週間に1回のペースの頻度』で脱毛をしていけば毛のない状態で生理などの蒸れもかなり解消されます。

 

 

実際に、何回くらいで効果が出てくるのか確認してみると、

 

 

自己処理が楽に

つるつるになる

 

回数

期間

回数

期間

Vライン

10回〜12回

1年半〜2年

20回〜24回

3年〜4年

Iライン

8回〜9回

1年〜1年半

16回〜18回

2年〜3年

Oライン

8回〜9回

1年〜1年半

16回〜18回

2年〜3年

 

 

 

1-2.Vラインの場合、脱毛回数には要注意

 

 

Vラインの場合、脱毛回数には要注意に関して詳しく説明している画像

 

 

Vラインの脱毛の場合、ムダ毛の状態を見ながら脱毛をしましょう。

 

Iライン、Oラインの場合、『つるつる』のハイジニーナにしても問題はありません。しかし、Vラインは『つるつるにしたくない』という方もいると思うので、脱毛回数は注意が必要です。

 

ムダ毛の状態が回数でどのように変わっていくのかというと、

 

回数

進行度

ムダ毛の状態

1回

5%

・変化は感じない
・脱毛後1週間が毛が抜ける
・その後、再び生えてくる

6回〜8回

30%

・自己処理が少し楽に
・脱毛後1週間が毛が抜ける
・その後、再び生えてくる

10回〜12回

50%

・自己処理がけっこう楽に
・毛量も減っているのを実感

16回〜18回

70%

・自己処理がかなり楽に
・毛量もかなり減ってくる
・産毛もかなり多くなる

20回〜24回

90%以上

・vio脱毛完了の目安
・つるつるの状態
・自己処理もほぼ必要なし

 

 

Vラインをハイジニーナの状態にしたくない方は、1ヶ月に1回の頻度のペースでVIO脱毛をしていくと、生え方を確認しながら脱毛ができるのでおすすめです。

 

Vラインはムダ毛の状態を確認しながら脱毛をするようにしてください!

 

 

 

家庭用脱毛器ケノンに関して詳しく説明している画像

 

人気NO1の家庭用脱毛器ケノン

http://ケノン.com/


 

 

 

 

2.【失敗しない】vio脱毛のやり方&使い方

 

【失敗しない】vio脱毛のやり方&使い方に関して詳しく説明している画像

 

2-1.ケノンでvio脱毛するときの流れ

 

 

どのようにケノンでvio脱毛をするのか流れを確認しておきます。

 

vioは毛が濃く、皮膚も薄いので痛みを感じやすいです。そのため、vio脱毛で失敗しないために手順を確認しておきましょう。

 

 

VIO脱毛の手順・流れ

@

前日にシェーバーなどで自己処理をする

A

肌を回復させるためにしっかりと保湿

B

痛みを和らげるために保冷材で冷やす

C

弱いレベルから脱毛を始める

D

脱毛部位を保冷材で冷やす

E

乾燥しやすいのでしっかりと保湿

 

 

 

2-2.Vラインの脱毛のやり方&使い方

 

 

Vラインの脱毛のやり方&使い方に関して詳しく説明している画像

 

 

Vラインは一人でも簡単に脱毛できる部分になります。

 

Vラインは『つるつるにするのか?』『少し残すのか?』まずは事前に決めましょう。脱毛なので完了してしまうと今後生えてこなくなってしまうので、事前にどうするのかを決めておくことが大切です。

 

その際に、4回〜5回までは全剃り&全照射がおすすめです。『毛も細くなる』『生理の蒸れも軽減』されるので、少し残す人も最初は全剃り&全照射がおすすめです。

 

 

 

Vライン脱毛のやり方&使い方

脱毛時の痛み

けっこう痛い

照射レベル

レベル6〜レベル9

脱毛のポイント

@ 4回〜5回までは全剃り&全照射がおすすめ
A 痛みが強いので初めは弱いレベルで
B 脱毛前に保冷材でしっかりと冷やす

 

 

 

2-3.Iライン脱毛のやり方&使い方

 

 

Iライン脱毛のやり方&使い方に関して詳しく説明している画像

 

 

Iラインは鏡を使わないと脱毛できないので慎重にやりましょう。

 

Iラインは体育座り&スタンド式の鏡で映しながら脱毛するのがポイントです。しかし、粘膜部分に脱毛をするとやけどなどの可能性があるので、ナプキンなどで隠しながら脱毛をするようにしてください。

 

また、Iラインは皮膚が薄く痛みを感じやすいので、まずは弱いレベルから始めていき痛みが耐えられるレベルから脱毛をするのが肌トラブルなく脱毛する方法です。

 

 

※Iラインはケノンでは非推奨なので、やけどなどをしても自己責任なので注意です。

 

 

Iライン脱毛のやり方&使い方

脱毛時の痛み

かなり痛い

照射レベル

レベル5〜レベル7

脱毛のポイント

@ 体育座り&スタンド式の鏡で映す
A 痛みが強いので初めは弱いレベルで
B 粘膜までは脱毛しない
C 粘膜部分をナプキンなどで隠して脱毛をする

 

 

 

2-4.Oライン脱毛のやり方&使い方

 

 

Oライン脱毛のやり方&使い方に関して詳しく説明している画像

 

 

Oラインは鏡を使ってもなかなかうまく脱毛するのは難しいです。

 

Oラインは体育座り&スタンド式の鏡で映しながら脱毛するのですが綺麗に脱毛するのは難しいです。肛門はかなり敏感でやけどの可能性もあるので、ティッシュなどで事前に隠してから脱毛をするようにしてください。

 

Oラインは自分でムダ毛を剃ったりするのも難しいので、できれば他の人にお願いして脱毛をしてもらうのが良いです。私もやりましたが、難しくて諦めてサロンで脱毛をしました。

 

 

※Oラインはケノンでは非推奨なので、やけどなどをしても自己責任なので注意です。

 

 

Oライン脱毛のやり方&使い方

脱毛時の痛み

かなり痛い

照射レベル

レベル5〜レベル7

脱毛のポイント

@ 体育座り&スタンド式の鏡で映す
A 痛みが強いので初めは弱いレベルで
B 肛門までは脱毛しない
C 肛門部分をティッシュなどで隠す

 

 

 

2-5.vio脱毛はどの位の頻度でやれば良いの?

 

 

vio脱毛はどの位の頻度でやれば良いの?に関して詳しく説明している画像

 

 

毛が生えそろってきて脱毛をするのが効果のある頻度・回数です。

 

ケノンの脱毛は毛根を壊して毛をどんどん少なくするフラッシュ脱毛です。そのため、毛が生えそろっていないうちに脱毛をしても毛根に影響がないためほ効果がなく、肌もダメージを受けてしまいます。

 

そのため、おすすめのやり方は、

 

@ 1回目のvio脱毛をする
A 1週間程度で毛が抜けてくる
B 2、3週間後に毛が生えてくる
C 2回目のvio脱毛をする

 

毛の生え方は個人差がありますが、『3週間〜1ヶ月の頻度』でvio脱毛をするのが、『効果と肌のため』を考えてもおすすめです。

 

脱毛の頻度は『毛が生え揃ってきた』ことを目安にするのがおすすめです!

 

 

 

3.ケノンvio脱毛Q&A

 

ケノンvio脱毛Q&Aに関して詳しく説明している画像

 

3-1.VIOにカートリッジはどの位消費する?

 

 

VIOだけならカートリッジの交換など考えなくても大丈夫です。

 

ケノンで自己処理がいらなくなるまでには、『20回〜24回の脱毛』は必要です。vio脱毛を1回完了させるために、『70発〜100発』位に必要になってきます。

 

付属のカートリッジでどの位のショットが打てるのかというと、

 

 

レベル1

レベル10

ラージ

20万発

1.3万発

ストロング

20万発

1万発

プレミアム

100万発

30万発

 

 

vioの脱毛完了までに必要なのは、『2,000発〜2,500発』なので、カートリッジを追加で購入する必要なく、VIO以外の他の部位も付属のカートリッジで十分に『つるつるに』なるまで脱毛ができます。

 

付属しているカートリッジで十分にvio脱毛ができるので安心してください!

 

 

 

3-2.ケノンのvio脱毛は痛くないの?

 

 

ケノンのvio脱毛は痛くないの?に関して詳しく説明している画像

 

 

vioは痛みが強い部位ですが対策はあるので安心してください。

 

vio部分は毛が濃く・太く・皮膚もデリケートなので痛みが強くなりやすいです。そのため、痛みを和らげるために脱毛前に保冷材でしっかりと冷やすことがとても大切です。

 

vライン・Iライン・Oラインの順に脱毛前にしっかりと冷やすと感覚が麻痺します。それでも、痛みが強い場合には、効果は落ちますがレベルを下げて脱毛をしていけばOKです。

 

痛みが強くなりやすいので脱毛前に保冷材でしっかりと冷やしましょう!

 

 

 

(参考)
【脱毛器ケノン】効果は?値段など人気の理由を口コミから大調査