【ケノン顔脱毛】産毛&シミにも効果的?ほくろの脱毛には要注意

【銀座カラー全身脱毛】他のサロンより効果が高い&早く終わる理由は?

ケノンで効果的レベルは?顔脱毛の正しいやり方

 

家庭用脱毛器ケノンに関して詳しく説明している画像

 

人気NO1の家庭用脱毛器ケノン

http://ケノン.com/


 

 

 

 

1.顔脱毛は産毛にも効果的?美顔器も効果的?

 

顔脱毛は産毛にも効果的?美顔器も効果的?に関して詳しく説明している画像

 

1-1.産毛にも効果はある?回数&期間は?

 

 

回数を重ねることで顔の産毛にも十分効果があります。

 

ケノンはフラッシュ方式の脱毛器で黒い毛根の色素に反応して脱毛をしていきます。そのため、色素の薄い顔の産毛は効果が出にくいのですが、回数を重ねていけば確実に肌がキレイに脱毛できます。

 

ケノンで脱毛をしてどの位で効果が出てくるのか確認すると、

 

 

 

自己処理が楽

化粧のノリが良く

 

回数

期間

回数

期間

10回〜12回

1年〜1年半

24回〜30回

2年半〜3年

 

 

 

1-2.顔脱毛はどの範囲までやってOK?

 

 

顔脱毛はどの範囲までやってOK?に関して詳しく説明している画像

 

 

ケノンは脱毛器の中ではかなり広い範囲の顔脱毛ができます。

 

顔脱毛は目があって危険なことから脱毛できない脱毛器が多いです。しかし、ケノンでは眉毛専用の脱毛器も付属しており、目の周り以外『眉間』『眉毛』の脱毛ができる唯一の脱毛器です。

 

しかし、注意してもらいたいのが、『目の周りの脱毛』です。眼球は黒く光の刺激に弱いので、視力が弱くなる可能性があるため、目の周辺の脱毛はしないでください。

 

眉毛を含めた顔の脱毛をしたいならケノンが本当におすすめです!

 

 

 

範囲

脱毛できる

おでこ、眉毛、眉間、ほほ、もみあげ、鼻下、鼻毛、あご、首回り

脱毛できない

目の周辺

 

 

 

ケノンに関して詳しく説明している画像

 

 

ケノンで眉毛までしっかりと顔脱毛

http://ケノン.com/


 

 

 

1-3.ケノンの美顔器にはどんな効果が?

 

 

ケノンの美顔器にはどんな効果が?に関して詳しく説明している画像

 

 

ケノンはカートリッジを交換するだけで美顔器にもなり一石二鳥です。

 

ケノンの美顔器はエステのフォトフェイシャルに似た効果が期待できます。フラッシュを照射することで肌のターンオーバーを活性化させ新陳代謝が活発になります。

 

さらに、脱毛で毛が無くなることで毛穴が引き締まりだんだんときめ細かい肌になってきます。化粧のノリも良くなってくるので、脱毛と美顔を両方使うのがおすすめです。

 

脱毛との併用で『毛穴の引き締め』『新陳代謝が活発』といった効果が期待できます!

 

 

 

2.ケノンで顔脱毛の正しいやり方!レベルは?

 

ケノンで顔脱毛の正しいやり方!レベルは?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.顔脱毛の正しいやり方&流れ

 

 

顔脱毛で失敗しないための正しい使い方を確認していきます。

 

顔は非常にデリケートで『肌トラブルが起きやすい』『紫外線に当たりやすい』『目に影響がある』など気を付けるポイントがあるので注意が必要です。

 

顔脱毛の流れを確認しながら注意点も確認していきます。

 

 

手順

注意点

@

前日に毛を剃る

脱毛効果が高くなる

A

保冷材で顔を冷やす

冷やすと痛みが和らぐ

B

サングラスをかける

目に光が直接当たらないように

C

脱毛を始める

目の周辺の脱毛は避ける

D

脱毛後の肌を冷やす

肌の炎症防止のため

E

いつも以上に保湿を

肌の回復を助けるため

F

紫外線対策をしっかり

シミやくすみを防ぐため

 

 

ケノンで顔脱毛をする前にはこの手順はしっかりと守るようにしてください。

 

特に、重要なのがサングラスの着用で、視力が落ちてしまう可能性があるので絶対に着用しましょう。また、脱毛後に肌を冷やしたり、保湿をすることで肌トラブルが防げます。

 

さらに、脱毛後は肌が傷つきバリア機能が衰えているため、紫外線に直接当たるとシミなどの原因になるので、2週間くらいは紫外線対策はしっかりとしましょう。

 

正しい使い方でキレイに顔脱毛をしましょう!

 

 

 

2-2.おすすめのレベル&カートリッジは?

 

 

おすすめのレベル&カートリッジは?に関して詳しく説明している画像

 

 

いきなり高いのは怖いのでまずレベル1から始めてレベルを上げてください。

 

顔はとてもデリケートで敏感な部分なのでいきなりレベル8,9,10は怖いです。そのため、肌が敏感な方はレベル1、その他の方はレベル3から始めて徐々にレベルを上げていくのが安全です。

 

カートリッジによって強さも違うので注意してください。特に、ストロングカートリッジは他のカートリッジよりも強力なので、さらに弱めから始めるのがおすすめです。

 

 

肌質からどのレベルで脱毛したら良いのか目安をご紹介すると、

 

 

プレミアム

エクストラ

ストロング

敏感肌

レベル3〜5

レベル3〜5

レベル2〜3

普通の肌

レベル6〜7

レベル6〜7

レベル4〜5

強い肌

レベル7〜8

レベル7〜8

レベル6〜7

 

 

 

3.ケノンでほくろの脱毛をする時の注意点

 

ケノンでほくろの脱毛をする時の注意点に関して詳しく説明している画像

 

3-1.ほくろは隠して脱毛すること

 

 

ほくろへの脱毛はやけどの可能性があるのでシールなどで隠してください。

 

ケノンの脱毛方法は毛根の黒いメラニン色素に反応して光で焼いて脱毛していきます。そのため、黒の色素が強いほくろに脱毛をすると、痛みが強くひどい場合にはやけどする可能性があります。

 

顔のほくろ付近の脱毛をするときには、

 

・肌色のシールでほくろを隠す
・コンシーラーなどでほくろを隠す
・絆創膏を小さく切って隠す

 

など、脱毛の光が直接ほくろに当たらないように注意して脱毛をするようにしてください。そばかす位に薄ければ脱毛はできますが、レベルを1から徐々に上げていくと安全です。

 

黒いほくろはやけどしないように隠して脱毛をするようにしてください!

 

 

 

3-2.脱毛後にほくろが増えることもあるの?

 

 

脱毛後にほくろが増えることもあるの?に関して詳しく説明している画像

 

 

基本的に、脱毛後にほくろが増えることはありませんが注意点があります。

 

脱毛をした後の肌はバリア機能が弱っているので紫外線の影響をかなり受けやすいです。そのため、顔の脱毛をした後は紫外線による『シミ』などを防ぐために紫外線対策は必須です。

 

@ バリア機能を回復させるために保湿
A 日焼け止め・日傘などの紫外線対策
B 2週間は直接の紫外線は避ける

 

脱毛をした後は紫外線の影響でほくろが増えることはないですが、シミやくすみの大きな原因になるので、本当に注意が必要です。

 

顔脱毛の後は紫外線から肌を守る対策をしっかりとしてください!

 

 

 

3-3.ほくろの脱毛で除去&消えるの?

 

 

ほくろの脱毛で除去&消えるの?に関して詳しく説明している画像

 

 

ケノンで脱毛をしてもほくろは除去も消えることもありません。

 

ほくろは皮膚科のレーザー治療やメスで切除することで除去することができます。しかし、ほくろを脱毛しても痛いだけで、やけどの可能性もあり絶対におすすめできません。

 

口コミを見ると、『ほくろが消えた』『ほくろが薄くなった』などの除去できたという口コミもありますが、そのような効果はないので、やるなら自己責任になります。

 

ケノンでほくろが消えることはないので直接脱毛するのはやめましょう!

 

 

 

3-4.美顔器の機能ならほくろに照射してもOK?

 

 

美顔器の機能ならほくろに照射してもOK?に関して詳しく説明している画像

 

 

美顔カートリッジを使ってもほくろには脱毛できないので要注意です。

 

ケノンはカートリッジの交換で美顔器としても利用することができます。しかし、美顔器として使っても光を照射して肌の代謝を活性化させているので、ほくろへの照射でやけどの可能性はあります。

 

ケノンを美顔器代わりに使おうと考えている方でも、脱毛をするときと同じようにほくろを隠して顔の照射をするようにしてください。

 

美顔機能でもほくろへの照射は危険なので隠して使うようにしてください!

 

 

 

4.ケノン顔脱毛Q&A

 

ケノン顔脱毛Q&Aに関して詳しく説明している画像

 

4-1.化粧&化粧水が付いたままでも大丈夫?

 

 

顔脱毛の前は化粧などは落としてすっぴんの状態にしましょう。

 

化粧や化粧水というのは様々な成分が入っています。そのため、何らかの成分が脱毛の光に反応してやけどなどの肌トラブルになってしまう可能性があります。

 

脱毛サロンや医療クリニックでも脱毛前に化粧をしている場合には落とす必要があります。自宅にいると忘れやすいので注意してくださいね。

 

肌トラブルの原因になるので脱毛前にしっかりとすっぴん状態にしましょう!

 

 

 

4-2.顔にニキビや肌荒れがあった場合には?

 

 

顔にニキビや肌荒れがあった場合には?に関して詳しく説明している画像

 

 

ニキビや肌荒れの部分は避けて脱毛をしるようにしてください。

 

ニキビや肌荒れがほとんど治っていれば良いですが、治っていない状態で脱毛をしてしまうと余計に炎症が広がってしまい、症状がひどくなる可能性があります。

 

ニキビに脱毛をすると殺菌効果があるような記事も見かけますが、効果は人によるので、個人的にはニキビや肌荒れが落ち着いてから脱毛をするのをおすすめします。

 

悪化する可能性も高いのでニキビへの脱毛は避けましょう!

 

 

(参考)
【脱毛器ケノン】効果は?値段など人気の理由を口コミから大調査