【カミソリ負けをする原因は?】カミソリでムダ毛処理の正しい方法

【銀座カラー全身脱毛】他のサロンより効果が高い&早く終わる理由は?

カミソリ負けしてしまう原因は?正しくカミソリで処理するためには?

 

【カミソリ負けをする原因は?】カミソリでムダ毛処理の正しい方法に関して詳しく説明している画像

 

1.カミソリ負けしてしまう大きな3つの原因

 

多くの人は自宅でムダ毛処理を行う時、カミソリをよく使用しますが、カミソリ負けを繰り返してしまう方も多いのではないのでしょうか?

 

カミソリは自己処理を行うときに、

 

・自宅で簡単に自己処理ができる
・お金がかからずに処理をすることができる
・誰にも見られずムダ毛の処理ができる

 

などの、カミソリでのメリットがあるのでカミソリで自己処理をしているかたが多いのですが、メリットの多いカミソリですが実はカミソリの自己処理にもデメリットがあります。

 

そこで、カミソリ負けの大きな原因、正しいカミソリの方法をご紹介します!

 

 

1-1.皮膚の表面も同時に削っている

 

 

カミソリでの自己処理は皮膚の表面も同時に削っています。

 

カミソリはムダ毛を剃っているだけでなく、皮膚の表面の角質層まで傷つけています。そのため、カミソリで皮膚を傷つけた状態を放っておくと、そこからばい菌などの雑菌が入って炎症を起こす危険性があります。

 

何回も同じ場所を剃っているとカミソリ負けになりやすいのも、カミソリによって皮膚が同時に削られているのにその回復を待たずにカミソリでの処理をしてしまうとカミソリ負けの大きな原因になります。広範囲にぽつぽつができるカミソリ負けが懸念されます。

 

カミソリでの処理はムダ毛と同時に皮膚も削っているんです!

 

 

 

1-2.肌が乾燥しやすくなる

 

 

カミソリでの処理は肌が乾燥しやすくなります。

 

先ほども言いましたが、カミソリでの処理はムダ毛を同時に表面も皮膚も一緒に削り取ります。そのため、肌のバリア機能も同時に失ってしまうので肌の中の水分が蒸発するため肌の乾燥が進んでしまいます。

 

カミソリでの処理の後は肌の乾燥や回復を促すために保湿をしなければいけないのですが、それを怠ってしまうと肌の炎症が長くなってしまったり乾燥肌になってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

カミソリの処理後は肌が乾燥しやすくなるので注意が必要です!

 

 

 

1-3.埋没毛になって炎症を起こす可能性が

 

 

埋没毛になって炎症を起こす可能性がに関して詳しく説明している画像

 

 

間違った処理を行ってしまうと埋没毛になって炎症を起こす可能性があります。

 

埋没毛とはカミソリでの間違った処理でカミソリ負けなど肌にダメージを与えてしまうと、皮膚が厚くなり、毛穴が閉じてしまうため毛が出るはずの毛穴がなくなってしまい皮膚の中で成長してニキビのような炎症が起きてしまう症状を言います。

 

埋没毛になってしまうと自力で取るためには皮膚をほじくらなければいけないため、皮膚科に行って取ってもらうしかなくなるので正しいカミソリの処理で埋没毛になるのを防ぐのがとても大事です。

 

カミソリで間違った処理をすれば埋没毛になりやすくなります!

 

 

(参考)
【埋没毛の原因と治し方は?】肌を傷つけずに処理する方法・予防策

 

 

 

1-4.カミソリの頻度が多いと色素沈着の原因に

 

 

カミソリの頻度が多いと色素沈着の原因に関して詳しく説明している画像

 

 

カミソリの頻度が多いと黒いポツポツなどの色素沈着の大きな原因になります。

 

カミソリは皮膚も一緒に削っているので毎回毎回肌がダメージを負っている状態です。そのため、回復する前に自己処理を繰り返してしてしまうと肌がどんどん黒づんでいったり、黒いポツポツができる大きな原因になります。

 

カミソリでの自己処理は自分で思っている以上にダメージを負っているので、カミソリの使用頻度は5日〜1週間に1度くらいのペースで処理をするのが理想的です。

 

カミソリの頻度が多いと皮膚が黒づんでいく原因になりがちです!

 

 

 

2.カミソリ負けをしてしまったら?対処方法は?

 

カミソリ負けをしてしまったら?対処方法は?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.水でしっかりと洗いラップで保湿を

 

 

カミソリ負けを早く治すためには消毒せずに傷を乾かさないことです。

 

以前はカミソリ負けなどの切り傷をした場合消毒をするのが当たり前でした。しかし、今では切り傷にマキロン・オロナインなどで消毒をしてしまうと、逆に、治りが悪くなって、傷跡が残ってしまいます。

 

カミソリ負けをした時に早く治すポイントは、

 

@ 水でカミソリ負け部分をしっかりと洗う
A ラップにワセリンを塗って患部を保湿

 

人間は傷ができると治そうと傷を治す成分を分泌させます。消毒液を使うと傷を治そうとしている細胞も殺してしまうので、水で綺麗にするだけで十分です。さらに、傷口を乾燥させないために、ワセリンを塗ったラップをまくのがおすすめです。顔の場合にはラップを使えないので、傷を乾かさないようにワセリンを塗っておいてください。

 

カミソリ負けは消毒せず傷を乾かさないのが早く綺麗に治すポイントです!

 

 

 

2-2.肌が回復するまで自己処理はしない

 

 

肌が回復するまで自己処理はしないに関して詳しく説明している画像

 

 

肌が回復するまで自己処理はしないのも大切なポイントです。

 

カミソリ負けをしているということは肌が非常に弱々しくデリケートな状態になっているということです。そのため、化粧水・乳液で肌が十分に回復するまでカミソリでの自己処理はどうしようもない場合を除いてやらないようにしましょう。

 

ひげ・足など人に見られるから剃らないといけない方もいると思うので、3の項目で紹介する正しい方法で処理を行うか、カミソリよりダメージが少ない電気シェーバーを使ってムダ毛の処理をするようにしてください。

 

カミソリ負けを繰り返してしまうので肌の回復まで自己処理は控えてください!

 

 

 

2-3.期間を空けてもカミソリ負けをするなら脱毛を

 

 

期間を空けてもカミソリ負けをするなら脱毛をに関して詳しく説明している画像

 

 

期間を空けてもカミソリ負けをするなら脱毛をおすすめします。

 

期間を空けて肌も十分回復させたのにカミソリ負けを繰り返してしまう方は今後ずっとカミソリ負けをして肌が汚くなる可能性が高いです。そのため、これから肌のことを考えて自己処理をしなくて良いように脱毛をしてしまうのがおすすめです。

 

私も足のムダ毛が濃くてカミソリで自己処理をしていたんですけど、カミソリ負けが酷くてボロボロに。脱毛をした今はほとんど自己処理をすることがなくなったので、自己処理にかける時間が無くなったのですごく楽になりました。

 

肌が弱くてカミソリ負けを繰り返す方は脱毛をしちゃうのがおすすめです!

 

 

 

3.正しいカミソリでの自己処理の方法

 

3-1.お風呂やお湯でムダ毛を柔らかく

 

 

お風呂でムダ毛を柔らかくに関して詳しく説明している画像

 

 

カミソリ前はお風呂でムダ毛を柔らかくしましょう。

 

毛は水分がない状態だと非常に硬くなっていてカミソリで強く剃らないとなかなかうまく剃ることができません。そのため、お風呂やお湯をつけることで毛は柔らかくなり、角質も柔らかくなるので毛を剃っても肌へのダメージが少なくなります。

 

カミソリで剃る前にムダ毛に水分を吸わせることで、

 

・毛に水分が浸透して柔らかくできる
・弱い力でカミソリで処理ができる
・角質が柔らかくなり肌にダメージを与えにくい

 

カミソリで処理をする前にはお湯やお風呂で毛を柔らかくすることが大切!

 

 

 

3-2.からぞりは禁止

 

 

からぞりは禁止に関して詳しく説明している画像

 

 

カミソリのからぞりは最悪なので辞めてください。

 

カミソリで処理をするときに何も塗らずにそのままカミソリで剃ってしまう人がいますが肌をかなり傷つけます。何も塗らないとカミソリの滑りが悪くなってしまい、毛もうまくそれないばかりか肌をごっそり傷つけてしまいます。

 

カミソリで処理を行うときにはからぞりを絶対に行わずに、シェービングクリームや乳液など滑りやすいものを塗ってからカミソリでの処理をするようにすることで肌のダメージを最小限に抑えることができます。

 

抵抗がかからないようにクリームなどを塗ってカミソリで処理してください!

 

 

 

3-3.炎症などを抑えるために肌を冷やす

 

 

炎症などを抑えるために肌を冷やすに関して詳しく説明している画像

 

 

剃った後は肌の炎症を抑えるために肌を冷やすことが大事です。

 

カミソリで肌を剃ったことがある人ならわかると思いますが、カミソリを剃った後肌がひりひりしていたり、暖かくなっていることがあります。それは肌がダメージを負っている状態なので炎症を抑えるために肌を冷やすことが大事になります。

 

カミソリならそこまで気にする必要はないんじゃないの?と思う人もいますが、肌を冷やさないと赤みが続いてしまったりひりひりが治まりにくかったりするため冷水や保冷剤で冷やすのがおすすめです。

 

カミソリでの処理後は炎症を抑えるためにも肌を冷やしましょう!

 

 

 

3-4.剃った後はしっかりと保湿

 

 

剃った後はしっかりと保湿に関して詳しく説明している画像

 

 

剃った場所の保湿は忘れずにする必要があります。

 

今までもお話してきたようにカミソリで剃ると同時に皮膚の表面も一緒に削ってきてしまいます。その結果、肌はダメージを負ってしまうので、炎症などのダメージをできるだけ早く回復させるためにも保湿は忘れないようにしてください。

 

また、皮膚の表面が削れるので肌のバリア機能も失われて乾燥しやすくなってしまうため、肌の乾燥を防ぐためにも剃った後にはいつも以上に入念に保湿を行うことが大事です。

 

剃った後はしっかりと保湿を行っていくことがとても大事です!

 

 

 

3-5.カミソリの頻度はできるだけ少なく

 

 

カミソリの頻度をできるだけ少なくに関して詳しく説明している画像

 

 

カミソリの利用頻度は間隔を空けるようにすることが大事です。

 

カミソリで肌は意外とダメージを負っています。そのため、カミソリ後の肌の回復には4日〜7日かかるのでその期間はできるだけカミソリで再度処理するのは避けるようにすることがとても大事です。

 

ムダ毛が少しでも気になるからと毎日剃ってしまうと肌は黒づんできたり、カミソリ負けをするようになってきます。そこまで気になってしまうのなら脱毛をしてしまう方が良いでしょう。

 

カミソリの頻度は1週間に1度くらい行うのが肌にとっても優しいです!

 

 

 

3-6.切れ味が悪くなる前にカミソリは取り換える

 

 

切れ味が悪くなる前にカミソリは取り換えるに関して詳しく説明している画像

 

 

切れ味が悪くなる前にカミソリは取り換えるようにしてください。

 

カミソリは使い続けたり、水による錆で簡単に劣化します。切れ味が悪くなるとムダ毛も綺麗に剃れませんし、剃るのに余計な力が必要になり肌を通常より傷つけることになってしまうので注意が必要です。

 

カミソリを交換するタイミングですが、

 

@ カミソリの刃が錆びている
A 毎日なら1週間程度
B 時々なら1ヶ月を目安
C なんとなく切れ味が悪い

 

この位の目安でカミソリを交換してもらえると、肌へのダメージを最小限にして自己処理を行えます。想像している以上に切れ味の悪いカミソリは肌に悪いので注意をしてくださいね。

 

カミソリは常に切れ味の良いものを使って肌を守りましょう!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

銀座カラー効果

 銀座カラーは全身脱毛の効果がおすすめ

 

銀座カラーは全身脱毛の効果で一番おすすめの脱毛サロンです。どうして全身脱毛の効果で銀座カラーの効果がおすすめなのか徹底的に解説します。

 

 

 

 【どこが安い?】全身脱毛の料金相場よりお得なサロン徹底比較

 

全身脱毛の料金相場はわかっているようでわかっていない方が多くありませんか?そんな全身脱毛の相場を比較してどこの脱毛サロンが本当に安いのかご紹介していきます。