【シースリーのシェービング代は?】剃り残しや自己処理の範囲を徹底解説

【銀座カラー全身脱毛】他のサロンより効果が高い&早く終わる理由は?

シースリーのシェービングサービスはメリットが一杯

 

シースリーのシェービングサービスはメリットが一杯に関して詳しく説明している画像

 

 

 

1.シースリーのシェービング代は?剃り残した場合には?

 

全身脱毛をするときに気になることの1つがシェービングサービスだと思います。1人暮らしの方は背中などの目や手の届かない範囲の自己処理はできないですからね。

 

・シースリーのシェービング代はいくらなのか?
・もし剃り残してしまった場合の対応は?
・自己処理はしていく必要があるのか?

 

シェービングで気になるポイントをまとめたので参考にしてみてください!

 

 

1-1.シースリーは背中など背面の処理は無料

 

 

シースリーは背中など背面の処理は無料に関して詳しく説明している画像

 

 

シースリーでは背中などの背面のシェービングは無料でやってくれます。

 

シースリー以外の脱毛サロンではシェービングに追加料金がかかったり、剃り残しは避けて脱毛をします。しかし、シースリーでは『襟足・背中・ヒップ・Oライン』の手の届かない範囲はスタッフが無料でシェービングしてくれます。

 

注意点としては、シェービングサービスをしてもらうためには、自分でシェーバーをもっていく必要があります。Iラインなどのシェービングを考えると衛生面を考えて自分で持っていく必要があるようです。

 

シースリーなら手の届かない範囲はシェービングしてくれるので安心してください!

 

 

<おすすめのシェーバー>

 

シースリーでは使えるシェーバーの条件があります。それは、『顔そり用』『2枚刃』ということです。

 

そのため、間違って購入しないように、『パナソニックのフェリエ』を購入すれば間違いありません。2,000円くらいで購入できます。

 

 

 

1-2.シースリーでは自己処理をしてくるのが基本

 

 

シースリーでは自己処理をしてくるのが基本に関して詳しく説明している画像

 

 

シースリーの方針はあくまで事前に自己処理をしてくるのが基本です。

 

シースリーのシェービングはサービスであって剃ってこなくてもシェービングしてもらえるという意味ではありません。そのため、手の届かない背面以外の範囲は事前にシェーバーなどで自己処理をしていく必要があるので注意してください。

 

もし、全く自己処理をしていかないで脱毛に行った場合には、その部分を避けて脱毛されるか、ひどい場合には施術を断られてしまう可能性もあるので事前の自己処理は忘れないようにしてください。

 

背面以外は事前に自己処理をするのを忘れないようにしてください!

 

 

 

1-3.もし、『剃り残し』をしてしまった場合には?

 

 

もし、『剃り残し』をしてしまった場合には?に関して詳しく説明している画像

 

 

もし、剃り残しをしてしまった場合にはどのような対応になるのでしょうか?

 

完全に剃るのを忘れてしまった場合には、その部分は避けて脱毛をすることになります。しかし、自己処理はちゃんとしたけど、『剃り残しがまだあった』という場合には持参したシェーバーでシェービングをしてもらえます。

 

他の脱毛サロンでは剃り残しは基本的に避けて脱毛をします。一方で、シースリーでは少しの剃り残しはシェービングしてもらえるので、脱毛を無駄にすることがないのはすごくうれしいですよね。

 

少しの剃り残しならスタッフがシェービングしてくれるので安心してください!

 

 

 

シェービングサービスまとめ

襟足・背中
ヒップ・Oライン

無料でスタッフがシェービング

剃り残し

範囲が狭ければシェービングしてもらえる

剃り忘れ

剃り忘れの範囲を避けて脱毛

シェーバー

『顔そり用』『2枚刃』
→パナソニックのフェリエがおすすめ

 

 

 

2.シースリーシェービングQ&A

 

 

2-1.シェービングの時間は脱毛に影響する?

 

 

剃り残しが多いと脱毛の時間に影響してきます。

 

シースリーはほとんどの日で予約がいっぱいの脱毛サロンです。そのため、背中などの手の届かない部分だけなら問題ないのですが、剃り残しの範囲が広いと時間内に脱毛が終わらない可能性があります。

 

シースリーで歯シェービングの時間を別に確保しているわけではないので、剃り残しのシェービングに時間がかかりすぎるとその分脱毛の時間が短くなっているので注意はしてください。

 

そのため、脱毛時間の確保のために自己処理はしっかりとしていきましょう!

 

 

 

2-2.避けた部分は後日脱毛してもらえる?

 

 

 

 

剃り忘れで避けられた範囲の脱毛を後日してもらうことはできません。

 

シースリーの脱毛予約日を忘れてシェービングをするのを忘れてしまったというケースもあります。剃り残しがひどいとその範囲は避けて脱毛をしていきますが、後日剃り残し部分の脱毛はできないので注意してください。

 

しかし、シースリーは剃り残しには柔軟に対応してくれるので、シェーバーを常にバックに入れておいてできる範囲のムダ毛の処理をしていけば、脱毛で避けられることは少なくなります。

 

そのため、剃り忘れで避けられないようにシェーバーは持ち歩くのをおすすめします!

 

 

 

2-3.事前の自己処理は何日前がおすすめ?

 

 

事前の自己処理は何日前がおすすめ?に関して詳しく説明している画像

 

 

事前の自己処理は2,3日前にやっておくのがおすすめです。

 

カミソリ・シェーバーにかかわらず、自己処理をすると肌は傷つきます。さらに、脱毛でも肌は傷つくので、かゆみなどの肌トラブルにならないように2,3日前に自己処理をして肌を回復させておくことが大切です。

 

また、2,3日前に自己処理をするとスケジュールにしておけば、剃り残して避けて脱毛をされるという危険性もなくなるので、手帳などの記録しておくのをおすすめします。

 

事前の自己処理は2,3日前を目安に手帳などの記録するのがおすすめです!

 

 

 

(参考)
【銀座カラーVSシースリー徹底比較】効果、料金、予約など全身脱毛に関する6つのポイントを比較