【シースリー解約方法】クーリングオフはできる?退会の返金額は?

【銀座カラー全身脱毛】他のサロンより効果が高い&早く終わる理由は?

シースリーの解約クーリングオフ方法&返金はいくら?

 

シースリーに関して詳しく説明している画像

 

 

 

1.シースリーの解約&クーリングオフの方法

 

シースリーの解約・退会方法に関して詳しく説明している画像

 

1-1.シースリー途中での解約方法

 

 

シースリーは電話で簡単に解約することができます。

 

シースリーの解約は会員サイトや契約した店舗で行うことはできず、契約した店舗へ電話連絡をすることで解約することができます。

 

@ 契約した店舗に電話で解約したいと連絡
A 後日電話連絡が来るのでそこで解約
B 返金の手続き

 

シースリーの解約はすぐにできるわけではなく連絡を契約店舗に電話してから解約までだいたい1ヶ月近くかかります。さらに、次の章で詳しく説明しますが、シースリーは脱毛した回数が多いとほとんど返金されないので解約前に返金額だけは確認しておいてください。

 

返金額によってはシースリーが嫌だったとしても解約しない方が良いということもあるので、解約の連絡をする前に返金額がどのくらいになるのか確認だけは絶対にしてください。

 

 

<シースリー解約の注意点>

 

・解約は電話でしかできない
・解約前に返金額を計算しておく
・返金額によっては解約しない方が良いことも

 

 

 

1-2.契約後8日以内ならクーリングオフ

 

 

契約後8日以内ならクーリングオフに関して詳しく説明している画像

 

 

クーリングオフなら手数料もかからず無条件で解約できます。

 

シースリーでカウンセリングの勢いで契約して家に帰って後悔してるという方もいると思います。そんな時でも、契約から8日以内などの条件を満たすと無条件で解約&全額返金してもらえます。

 

クーリングオフで一番大切な条件を確認しておくと、

 

<クーリングオフの条件>

 

@ 契約日から8日以内
A 契約期間が1ヶ月以上
B 脱毛料金が5万円以上

 

クーリングオフをするためには3つの条件全て満たしている必要があるので、シースリーの契約書を出して確認するようにしてください。

 

 

実際に、クーリングオフの方法や手順を確認しておくと、

 

クーリングオフに関して詳しく説明している画像

 

(引用)クーリング・オフって何?(見守り情報)_国民生活センター

 

 

【住所】
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-19-9 VCTビル4F

 

【会社名】
(株)ビューティースリー シースリーお客様相談窓口宛

 

 

クーリングオフは電話ではできないので、ハガキに必要事項を記入してシースリーの本社に送ります。また、ローン契約をした場合にはローン会社にも一通送る必要があります。

 

<クーリングオフを送る際の注意点>

 

@ 特定記録郵便または簡易書留で送る
A ハガキの記載内容を両面コピーしておく
B 契約後8日目の消印有効
C ローン契約の場合にはローン会社にも送る

 

 

(参考)
クーリングオフについて(C3)

 

 

 

2.シースリーの返金額はどのくらい?

 

シースリーの返金額はどのくらい?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.シースリーの解約後の返金額は?

 

 

シースリーの解約後の返金額を計算するので参考にしてみてください。

 

シースリーの解約時の返金の計算式は、『支払い総額−((脱毛1回分の定価×脱毛した回数)+違約金)=返金額』です。返金は解約完了後、1ヶ月くらいで口座に振り込まれます。

 

実際にどのくらいの金額が返金されるのか計算していきます。

 

 

 

<ケース1>

 

契約金額

脱毛1回の定価

消化回数

420,023円

129,000円

0回

 

 

項目

計算式

@

420,023円−(129,000×0回)=420,023円

A

解約違約金

420,023円×10%=42,002円>20,000円
=20,000円

B

返金額

420,023円−20,000円=400,023円

 

 

 

<ケース2>

 

契約金額

脱毛1回の定価

消化回数

420,023円

129,000円

2回

 

 

項目

計算式

@

420,023円−(129,000×2回)=124,400円

A

解約違約金

124,400円×10%=12,440円<20,000円
=12,440円

B

返金額

124,400円−12,440円=111,960円

 

 

 

<ケース3>

 

契約金額

脱毛1回の定価

消化回数

420,023円

129,000円

4回

 

 

項目

計算式

@

420,023円−(129,000×4回)=−95,977円

C

返金額

返金されず

 

 

 

2-2.4回以上脱毛したら解約しない方が得

 

 

4回以上脱毛したら解約しない方が得に関して詳しく説明している画像

 

 

返金されるのは3回までなので4回脱毛してたら解約しない方がお得です。

 

シースリーをどのような理由で解約したいのかわかりませんが、店舗のスタッフが嫌という場合には、契約した店舗以外で全身脱毛ができるので、違う店舗に行って見るのもおすすめです。

 

シースリーの返金制度は銀座カラー、キレイモ、ミュゼに比べてもなかなかひどいので、スタッフや脱毛方法が合わなかったとしても4回以上脱毛したら返金はないので脱毛しちゃうのが良いと思います。

 

4回以上脱毛をしちゃった方は解約せずに完了させるのをおすすめします!

 

 

 

3.シースリーを解約した方の口コミ&評判

 

 1.全然返金されなかった。。。

全身脱毛2回終わった時点でスタッフ、雰囲気と不愉快な気分になったので解約することに。

 

契約は無制限で脱毛ができて回数はたっぷり残ってるのに、返金額はたった10万円程度。返金の規定がおかしいと思って納得いかなかったんですけど、これ以上行きたくなかったので泣く泣く解約しました。

 

 2.返金されないので通ってます

解約しようと思って電話連絡したら、4回脱毛していると返金はできませんとのこと。

 

確かに、契約する時にそんな説明をされたような。さすがに4回しか脱毛してないので返金されなくちゃもったいないので、今でも通って脱毛してます。

 

違う店舗に移ったらスタッフさんがすごく良い方が多くて今はそこまで不満なく通ってます。あの時解約しなくて良かったです。

 

 3.クーリングオフも簡単にできました

その場の雰囲気で脱毛の契約をしてしまったのですが、やっぱり値段が高いなと思ってクーリングオフすることにしました。

 

クーリングオフの方法も契約書に付いていた書類に書いてあったので簡単にできました。

 

一括で支払うシースリーのようなサロンじゃなくて月額で支払えるサロンを探そうと思います。お金の負担は少なくしたいですからね。

 

 4.もったいないので脱毛完了させます

シースリーのスタッフの対応が本当に嫌で解約しようと思ってたんですが、4回全身脱毛をしていると返金されないというわけのわからない説明をされて。

 

まだ、4回しかしていないのに30万円以上払ってさすがにもったいないので、嫌なスタッフがいない別の店舗で全身脱毛をしています。

 

他の脱毛サロンに変更したいけど、今の店舗のスタッフは前の店舗に比べて良いので怒りにまかせて解約しないで良かったなと思います。

 

 5.心を無にして脱毛に通っています

解約したかったけどほとんど返金されないという話なので脱毛が終わるまで通おうと思ってます。

 

でも、近くにシースリーがないので、店舗移動はできません。店舗のスタッフは嫌な人がいるけど、心を無にして話しかけられてもほとんど無視して脱毛に通っています。

 

以前と違って1回で全身が終わるようになったので、3ヶ月に1回だけ行けば良くなったのもかなりのプラスでした。

 

 6.店舗変えたら良いスタッフばかりでした

以前通ってた店舗は対応が雑というか忙しすぎて嫌でしたね。

 

解約も考えたんですけど、違うシースリーの店舗で脱毛をしてみようと思って行ってみました。その店舗では人数が多く対応も良くて、店舗によってこんなにもスタッフの対応が違うのかと。

 

少し遠くなってしまったけど、今は気持ちよく脱毛に行けてます。スタッフの対応が悪くても店舗変えてみるのはおすすめです。

 

 

(参考)
【銀座カラーVSシースリー徹底比較】効果、料金、予約など全身脱毛に関する6つのポイントを比較

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

銀座カラー全身脱毛

 【銀座カラー全身脱毛】他のサロンより効果が高い&早く終わる理由は?

 

シースリーは解約するときの手数料がかなりかかるので、解約するくらいならやってしまった方がお得です。全身脱毛を一回もする前に解約して乗り換えるなら、乗り換え割のある銀座カラーがすごく安くておすすめです。。