家庭用脱毛器の正しい選び方、起こりやすい失敗例

銀座カラー全身脱毛の効果

家庭用脱毛器の正しい選び方、起こりやすい失敗例

 

家庭用脱毛器の正しい選び方に関して詳しく説明している画像

 

1.家庭用脱毛器の正しい選び方

 

最近では海外のメーカーはもちろん、国内のいろいろなメーカーがたくさんの家庭用脱毛器を出しているので、『どれを選んだらいいのかわからない』、『どのポイントを比べて買ったらいいのかわからない』といった人も多いのではないのでしょうか?

 

ここでは家庭用脱毛器を買うときの正しい方法やチェックすべきポイントをまとめてみました。はじめて買う人はもちろん、買い換えを考えている人もぜひ参考にしてくださいね!!

 

 

 

1-1.脱毛器の脱毛方法をチェック

 

 

脱毛器の脱毛方法をチェック

 

 

フラッシュ方式とレーザー方式では効果に差がでます。

 

フラッシュ方式でもレーザー方式でも、光を毛根に当てて脱毛していくこいとには変わりないのですが、レーザー方式の方が肌の奥の毛根まで光は届きやすいので、フラッシュ方式より脱毛効果が高くなっています。

 

ただし、効果が強い分痛みや、肌が弱いにも関わらず出力を上げすぎてしまうと、やけどや肌荒れなどの肌トラブルが起こってしまうことがあります。

 

脱毛効果と自分の肌の強さを考えて選ぶようにしましょう!

 

 

 

1-2.本体価格の他に消耗品の値段もチェック

 

 

本体価格の他に消耗品の値段もチェック

 

 

どんなに本体価格が安くても消耗品にお金がかかってしまっては意味がありません。

 

家庭用脱毛器にはカートリッジがついていて、その部分から光を照射して脱毛します。カートリッジには使用限度回数があり、使い切ると買い換えなければいけないので、本体価格の他にカートリッジについても確認してから買うようにしましょう。

 

※カートリッジの値段は1つ3,000円〜7,000円くらいが相場です。

 

また、特に注意したいのはカートリッジが交換できない器種で、その場合は使い捨てになってしまいます。そうした脱毛器は本体価格が安いことが多いので、家庭用脱毛器を買うときに、本体価格の安いものを買うときにはカートリッジ交換式か使い捨てタイプかを必ず確認しましょう。

 

本体価格の他に消耗品の値段なども確認しましょう!

 

 

 

1-3.照射範囲と照射速度をチェック

 

 

照射範囲と照射速度をチェック

 

 

範囲と速度は処理にかかる時間に影響します。

 

照射速度とは次の照射までにかかる時間のことです。照射速度が速く、照射範囲が広ければそれだけ時間がかからずに広い範囲を脱毛できることになります。範囲が狭かったり、速度が遅いといった欠点がどちらかひとつでもあると思うように処理できないので、買うときに注意しましょう。

 

また、照射範囲が狭いものだと、光を当てていない場所ができてしまう『照射漏れ』がおきやすくなります。その点から考えるとできるだけ照射範囲の広い脱毛器を買うと安心して脱毛できます。

 

照射範囲が広くて照射速度の速い脱毛器がおすすめです!

 

 

 

1-4.目的の部位が脱毛できるかチェック

 

 

目的の部位が脱毛できるかチェック

 

 

顔やVIOの処理ができない器種もあります。

 

家庭用脱毛器の中では処理できない部位があるものもあります。とくに多いのが顔やVIOの処理ができない器種です。値段の高い器種では全身に使えるものが多いのですが、値段の安い器種では先ほどの部位の処理ができないものが多いので買うときに注意してください。

 

また、使用可能な部位以外に照射してしまうと、肌荒れが起きたり、ひどいときにはやけどをしてしまうことがあるので、使用可能な部位以外には使ってはいけません。もし使ってトラブルが起こったとしても、メーカーは対応してくれない可能性があります。

 

使用できる部位の多い脱毛器を買いましょう!

 

 

 

2.脱毛器で起こりやすい失敗例

 

脱毛器で起こりやすい失敗例に関して詳しく説明している画像

 

 

エステサロンや医療クリニックで脱毛する場合はお試しキャンペーンがあるので、実際に自分の肌で試すことができますが、家庭用脱毛器ではそのようなことはできないので『実際に使ってみると使いづらい』、『こんなはずじゃなかった』などと後悔してしまう場合があります。

 

ここでは家庭用脱毛器で起こりやすい失敗例を3つ紹介しますので、これを読んだみなさんは後悔することなくムダ毛のない肌を目指してくださいね!!

 

 

 

2-1.照射範囲が狭いと照射漏れが起きやすい

 

 

照射範囲が狭いと照射漏れが起きやすい

 

 

照射範囲が狭いと2つの問題が起きやすくなります。

 

しっかり脱毛したいと思って脱毛効果の高いものを買っても、照射範囲が狭いと照射漏れがおきやすく、ムダ毛が残ってしまいます。照射漏れを避けるためには自動照射機能のついた脱毛器がおすすめです。自動照射なら脱毛器を肌に滑らせていくことだけに集中でき、照射漏れがおきにくくなります。

 

また照射漏れを気にしてしまい、念入りに照射して時間がかったり、同じところに何回も照射してしまい、肌が荒れたり、赤くなってしまうなどの肌トラブルが起きてしまうことがあります。

 

照射範囲が狭いと照射漏れと肌トラブルが起きやすくなります!

 

 

 

2-2.脱毛器と除毛器を間違えてしまう

 

 

脱毛器と除毛器を間違えてしまう

 

 

脱毛器と除毛器ではムダ毛の処理方法が全然違います。

 

先ほどの項目でも説明しましたが、脱毛器は光の力でムダ毛を毛根から無くしていきますが、除毛器では電熱線のようなもので肌から出ているムダ毛を処理していくので、処理方法や効果が全く違います。

 

除毛器ではムダ毛を毛根から処理していないので、カミソリやシェーバーと同じように時間がたてば再び生えてきます。また、脱毛器のように継続して使うことでムダ毛を少なくするといった効果はありません。

 

脱毛器と除毛器では脱毛効果が全然違うので注意しましょう!

 

 

 

2-3.思った以上に時間がかかる

 

 

思った以上に時間がかかる

 

 

小さく作られている分、サロンのように短時間で広い範囲を照射できません。

 

家庭用脱毛はその名のとおり業者ではなく個人が使うことを想定して作っているので、サロンのものと比べて小さく照射範囲も狭いので、脱毛したい範囲に照射し終わるまでに時間がかかります。

 

また出力に関しても、小さく作られている分、サロンのものものよりも脱毛効果が落ちてしまいます。短い期間に何度も照射しないと効果がでないものもあるので、結局はサロンで楽に、しかも短期間で脱毛した方がよかったと後悔してしまう人もいます。

 

家庭用脱毛器だとサロンよりも照射に時間がかかります!

 

 

 

3.家庭用脱毛器で人気のある3機種をチェック

 

家庭用脱毛器で人気のある3機種をチェック

 

 

これまでは家庭用脱毛器の選び方や注意点を見てきましたが、ここからは家庭用脱毛器の中でも特に人気の高い、ケノン、トリア、ラヴィの3機種の脱毛効果や価格などを見ていきます。

 

まずは、それぞれの基本性能から見てみると、

 

脱毛方法

照射範囲

消耗品

ケノン

フラッシュ脱毛

9.25cm2

カートリッジ

トリア

レーザー脱毛

1.0cm2

充電式

ラヴィ

フラッシュ脱毛

7.4cm2

カートリッジ

 

 

3機種では脱毛方法や照射範囲、消耗品に違いがあることがわかります。もちろん、これ以外にも3機種にはまだまだ違いがあるので、

 

ケノン、トリア、ラヴィをさらに詳しく見ていきます!

 

 

 

3-1.肌やムダ毛の状態に合わせて使いやすい『ケノン』

 

 

肌やムダ毛の状態に合わせて使いやすい『ケノン』

 

 

本体価格は高いものの脱毛効果などのバランスが最も取れています。

 

ケノンは通販限定の家庭用脱毛器のため家電量販店などでは買うことができず、本体価格も69,990円と他の脱毛器よりも高くなっています。

 

しかし、

 

・脱毛器の出力を10段階に調整できる
・男性のひげ脱毛もできるくらい脱毛効果が高い
・美顔機能つき

 

このような特徴があり、出力調整が細かくできるケノンなら顔やVIOといったデリケートな部分の脱毛にも安心して使えます。

 

また、ケノンではカートリッジ交換を行えば何度でも繰り返して使うことができます。さらに、美顔カートリッジにつけかえればいままで美容エステサロンでしか受けられなかった美顔エステが自宅で簡単に行えます。

 

ケノンは10段階の出力調整で肌に優しい脱毛ができます!

 

 

本体価格

照射範囲

照射限度回数

ケノンの特徴

69,990円

3.7cm×2.5cm=9.25cm2

20,000発〜200,000発

 

 

 

3-2.レーザー脱毛で脱毛効果が高い『トリア』

 

 

レーザー脱毛で脱毛効果が高い『トリア』

 

 

レーザー脱毛ができるトリアは他の脱毛器よりも高い脱毛効果があります。

 

トリアの場合はケノンとは違い家電量販店などでも買える家庭用脱毛器で、

 

・レーザー脱毛で高い脱毛効果がある
・顔やVIOといった全身脱毛に使える
・出力を5段階に調節できる

 

このような特徴があり、トリアは他の家庭用脱毛器とは違い脱毛効果の高いレーザー脱毛ができるので、短期間に脱毛効果を感じることができます。

 

ただし、トリアは照射範囲が1.0cm×1.0cmしかないので、全身脱毛に照射するとなると時間がかかってしまいます。また、トリアはカートリッジ交換の必要がない代わりに、500回充電すると本体を買い換えなくてはいけません。

 

トリアは充電500回で本体が使えなくなります!

 

 

本体価格

照射範囲

照射限度回数

トリアの特徴

51,800円

1.0cm×1.0cm=1.0cm2

充電500回分まで

 

 

 

3-3.本体価格が安くて美顔機能もついた『ラヴィ』

 

 

本体価格が安くて美顔機能もついた『ラヴィ』

 

 

本体価格が安くて美顔機能もついた『ラヴィ』は人気の脱毛器です。

 

ラヴィはケノンと同じフラッシュ脱毛を行える家庭用脱毛器で、

 

・本体価格が44,300円と比較的安い
・出力調整が7段階
・美顔機能つき

 

このような特徴があり、美顔機能はついていますが顔脱毛には使えません。

 

ただし、本体価格が安くて、美顔カートリッジにつけかえれば美顔器としても使えるのはお得と言えます。また、ラヴィのフラッシュ脱毛はIPL(インテンスパルスライト)脱毛という方法を取り入れていて、この脱毛方法では肌のターンオーバーを促す働きもあり、脱毛しながら肌のきめを整える美肌効果が期待できます。

 

ラヴィでIPL脱毛を行えば美肌効果も期待できます!

 

 

本体価格

照射範囲

照射限度回数

ラヴィの特徴

44,300円

7.4cm2

最大100,000発

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

銀座カラー効果

 【実は】銀座カラーは効果が高く全身脱毛が一番早く終わるサロンなんです

 

銀座カラーは1年で8回全身脱毛ができる唯一の脱毛サロンです。どうして銀座カラーの脱毛効果は早いのか公開中

家庭用脱毛器の正しい選び方、起こりやすい失敗例│銀座カラー効果51g記事一覧

1.どちらで脱毛するのがいいかを8つ点で徹底比較ひと昔までなら脱毛はエステサロンと言われていましたが、最近では家庭用脱毛器の性能も上がりCMなどで『サロンのような仕上がり』と言っている商品も出てきました。しかしその一方でサロンは新店舖をどんどん増やしているので、依然としてサロンでの脱毛は人気があります。そうなってしまうと簡単にどちらがいいのかを判断しづらくて、サロンで脱毛しようか、脱毛器で脱毛器し...

1.トリアで全身脱毛は可能?トリアは家庭用脱毛器で唯一レーザー脱毛ができる人気の商品です。レーザー脱毛と言えば医療クリニックでしかできないものと感じますが、トリアでは家庭用脱毛器にも関わらず医療レーザー脱毛に近い脱毛効果を感じることができるので自宅で永久脱毛をしたい方に人気です。しかし、そこで気になるのが、・トリアでは全身脱毛をすることは可能なのか?・トリアで脱毛をするときのメリット・デメリットは...

1.家庭用脱毛器ケノンの価格、効果といった特徴は?現在では家電量販店、テレビCMなどで多くの家庭用脱毛器を目にするようになりましたが...『ケノンなんてお店にあったかな?』そんなふうに思っている人は鋭い!実はケノンという家庭用脱毛器は株式会社エムロックが販売している脱毛器で、インターネット通販でしか買えないのですが、現在最も人気のある家庭用脱毛器のひとつです。それなのになぜケノンは人気なのでしょう...